いしいクリニックのトップページへ  

 

ご挨拶・プロフィール ご案内 院内設備 乳がん検診 胃カメラ 順番待ちシステム 乳腺の診療について リンク

乳がん検診や乳腺の診察には次の3つの場合があり、診療内容や費用が異なります。

・何か気になる症状のある方
(はった感じや痛み、乳房のしこり、乳頭からの分泌、わきの下のリンパの腫れ、乳頭乳輪や皮膚の異常など:乳房に関する何らかの症状)   
・検診で要精査となった方

初診でマンモグラフィと超音波検査を行った場合は、3割負担で3、500円程度となります。細胞診や組織診断を行った場合は別途費用がかかります。
 

全く気になる症状のない40歳以上の女性が対象で、2年に一度受けることができます。内容はマンモグラフィで自己負担金は1、800円です。(2017年度より視触診は廃止になりました)。撮影枚数は40歳代で4枚、50歳以上は2枚です。検診の結果は約1〜2週間後になります。
 
 

全く気になる症状のない方で、乳がんの早期発見を目的として行います。年齢に応じて以下の検査をお勧めします。原則的に受診したその日に結果をご説明します。

乳腺ドック検診表

*マンモグラフィで乳がんの約2割は発見が困難と言われており、また日本人の乳がんは40歳代後半から50歳代前半にピークを迎えますので、超音波も併せて行うことをお勧めします。
※1 超音波検査に加え、30歳代の間に一度マンモグラフィ検査も受けることをお勧めします
※2 60歳以上の方も、できるだけ超音波検査も受けることをお勧めします。

(消費税引き上げに伴い、2014年4月1日より料金改定しております)

 

Copyright©2008 Ishii Clinic All rights reserved.